レーザーを照射することで強い熱と衝撃を与え、タトゥーの除去のレーザー照射法というのは、タトゥーを除去していきます。
効果が大きいことから最も効率的な除去方法と言え、お肌に大きな傷を付けてしまうこともありません。
結婚式で露出のあるドレスを着たい、またプールや温泉に入ることが出来なかったり、などと言った理由で、タトゥー除去を希望する人が増えています。
様々な治療法によって元の綺麗なお肌を作ることができタトゥーを消すことが出来ないと悩む必要はありません。

 

タトゥーの除去方法も今では皮膚移植・アブレーションなどといったものが広く使用されています。
自分に最も適しているタトゥー除去の施術を選ぶためにも、まずはカウンセリングを受けてみてください。





川元誠一の紹介
川元誠一
URL:http://datazoo.jp/w/%E5%B7%9D%E6%9C%AC%E8%AA%A0%E4%B8%80/3475631


《基礎知識》様々な治療法が考えられる効果的なタトゥー除去ブログ:22-9-21

何年か前、我が家では…

ボクが
「それでね、………でね、そしたら〜〜〜」
とひたすら話す。

旦那は、面倒くさそうに、
「うん、うん、でさ、結論は何?!結論から言ってくれる?」

ボクはむっとして
「え??ちょっと聞いてほしかっただけ、
聞きたくないのなら、もういいよ!」

…といったやりとりが頻繁にありました。

ボクは心の中で
「もう2度と旦那には話さない!」
と決意します。

決して、仲が悪かった訳ではないんですよ。
当時もボクたちは
「仲が良い…少なくとも仲悪くはない夫婦」と
お互いに思っていました。

なので、
もう2度と旦那には話すもんか!と決意しておきながら、
何かあると、やっぱり聞いてもらいたくなり、
懲りもせずに話して…
またけんか、と同じことを繰り返していたわけです。

もうひとつ、よくあったパターンが…

旦那が車を運転中
のろのろしている車や、少々危険な歩行者に対して、独り言のように…
「早くしろよ〜!」「まったく、あぶないなあ〜!」
と怒る旦那。

それをしばらく助手席で聞いていると、
なぜか無性にイライラしてくるボク。
「そんなに怒らないでよ!相手にも相手の事情があるのよ!」
と旦那に怒る。

感情って、共鳴するんですよね。

しかし、気がつけば、
最近はコミュニケーションの仕方が
ずいぶん変わりました。

車の中での会話でも、
旦那はたぶん同じくらい怒っているのではと思うのですが、
ボクがそれにほとんど腹が立たなくなったのです。

例えば、
危なっかしい歩行者がいたとして、
それに旦那がイライラするとします。

ボクはボクで「ほんと、あぶないね〜」と自然に共感できたり、
怒っている旦那を見て、笑えたり…

聞いてほしい時の会話でも、
旦那は以前に比べてよく話を聞いてくれるようになりました。